カードローンと目的別ローンの使い分け

お馴染みの銀行のカードローンとは、多目的ローンに分類されます。多目的ローンというのは、借りたお金の使い道は原則として自由なローン商品のことです。一部には、事業性資金には使えないというような制約がありますが、基本的には自由なのです。

一方、それとは別に目的別ローンという商品もあります。それは、借りるお金の使い道が厳しく制限されているローン商品のことです。住宅ローンやマイカーローンなどが有名です。それらのローンでは、借りるお金はその目的にしか使えません。もしもカードローン感覚で勝手に使えば、それは犯罪行為です。目的別ローンとは、そのような商品なのです。

ところで金利を単純に比較すると、目的別ローンのほうが低金利であり、非常に魅力的な商品であると言えます。ですからマイカーや住宅など、目的がはっきりしている場合は、初めから目的別ローンに申し込むべきです。しかし、逆に色々なものに使いたいお金が欲しいなら、多目的ローンに申し込まなければなりません。

結局、カードローンと目的別ローンは、その場面場面で賢く使い分けることが肝心です。ただし審査の難易度を考えると、目的別ローンのほうが厳しくなっていますので、その点は注意が必要です。

サラリーマンは、自分らも経験がありますが、仕事やプライベートでの付き合いというものが、欠かせない面がどうしてもあります。上司や同僚、後輩を交えたものや、得意先とのお酒の席もあったり、休日にはゴルフに出かけたりするなどと何かと忙しい日々を送っている人が多いものです。自腹を切らないといけない時もあると思うので、財布の中にはおこずかいだけでなく、ある一定額のお金が入っていた方が、いざというときに助かりますわね。

急な出費が必要となったとき、お金がないでは済ませられない可能性もあります。気軽にお金を貸してくれる友人・知人が周囲にいると助かるのですが、そうはうまくいきません。わざわざ金融機関で借り入れるのも面倒ですし、問題は時間がかかり過ぎるのです。こうした時にカードローンがあれば、力になってくれるので助かるのです。親戚に不幸があったとか、急に友人や知人の結婚が決まったときや、海外出張が急に決まったなどの時には、まさにカードローンの出番です。カードローンは不意の出費にも対応ができるので、安心して日々の生活ができ、またカードがあることによって、いろんなサービスを受けられ、豊かで快適な生活を送ることができるための、支援者でもあるのです。

コメントを残す