カードローンのリボルビング払いについて

カードローンをご利用の際は通常、リボルビング払いによる返済を行います。しかしリボルビング払いは一種類だけではありません。カードローンサービスで必要とされるリボルビング払いは、主に4種類に分類可能です。

たとえば対比として良く用いられるのが、元金定額リボルビング方式と元利定額リボルビング方式です。2つの名称には僅かな違いしかありませんが、その機能は随分と異なります。両者では、返済回数と返済金額の関係が異なっています。元金定額リボルビング方式では、毎回の返済金額が一定とはなりません。そして初回の返済時に一番負担がかかります。

その後返済をお進めになることで、毎回の返済金額を減少させることが可能です。したがって、最後の返済時が一番負担が軽くなるのです。一方元利定額リボルビング方式では、初回から最後まで返済金額に違いがみられません。全ての回で支払い金額が一定となるのが特徴です。

この2つ以外では、定率リボルビング方式と残高スライドリボルビング方式が存在します。定率リボルビング方式はさらに、元利方式と元金方式に分類されます。その内のどちらをご利用になるかにより、やはり結果が異なります。残高スライドリボルビング方式の機能は特殊で、返済時の借り入れ残高によりその金額が決します。

カードローンは、銀行などの金融機関が発行するカードを使って、お金を借り入れることです。カードローンの特色としては、銀行の銀行のキャッシュカードのように、ATMから手軽に借入を受けられることです。カードローンは金融機関が発行しているので、利用出来る場所は大変多く、買い物や飲み会などの急な出費にも備えられるという便利さもあります。カードローンは無担保で借り入れを受けることが出来ますが、担保の代わりに保証会社による保証を受ける必要があります。保証会社は申込人の情報を登録し、支払い能力があるかどうかを判断します。支払い能力があると判断されると、保証会社が保証人に代り保証を行い、カードが発行されます。

なお、与信枠は年収や職業などの要素を考慮し決定されます。次にカードローンの特色に、クレジットカードのキャッシング機能や消費者金融と比較しても、金利が安いため、その分返済も楽に行えるという利点があります。以前は金融機関から、融資を受けるのには店頭での申し込みや審査が必要でしたが、今ではカード自動契約機やインターネットでの申し込みも出来るようになっており、利便性は高くなっています。インターネットからの申し込みは、窓口担当者と顔を合わせることなく申し込みが出来るので、プライバシーも保たれるというメリットもあります。

コメントを残す