無断遅延は絶対NG

しっかりとした返済計画を立ててから、融資を受けたものの何らかの理由があって一時的返済が難しくなってしまうということはないことではありません。そのような場合においては返済が遅延してしまうかもしれないということを借り入れをしている業者にしっかりと報告して、どのように対処すればよいかしっかりと相談する必要があります。間違っても業者に無断で遅延することは避けなければなりません。

一つ目の理由は業者に無断で返済を遅延すると、場合によっては遅延損害金が発生する場合があります。ただでさえ返済を遅延しなければならないくらいの状況で安くない金利の遅延損害金は大きな負担となることは確実です。

二つ目の理由には無断で返済を遅延すると、場合によっては個人信用情報の事故情報に記載される可能性があるということです。個人信用情報に事故情報として記載されてしまうと、ある一定の期間は新規の借り入れができなくなります。遅延してしまった業者以外で借り入れをしようとしても審査の時に個人信用情報が大きな判断材料になってしまうのでまず審査に通過することはできなくなってしまいます。

キャッシングのマンネリ感

初めてキャッシングを利用した時のこと、覚えておられますか。きっと誰もが多かれ少なかれ、緊張してしまったのではないでしょうか。ところが何度か借り入れを経験するうちに、すぐに慣れてしまうものです。ましてや長年にわたって利用し続けていると、何だかマンネリ感のようなものが漂ってきてしまうこともあります。もちろん、使い慣れるのが悪いわけではありません。キャッシングに慣れ親しんでベテランになれば、安全な利用のコツも体で分かってくるものです。しかし、ベテランになれば絶対に何の心配もないとは限りません。

たとえば車のドライバーも、ベテランは絶対に交通事故を起こさないとは限りません。むしろ、ベテランであるがゆえの油断も生じやすくなります。実際、ベテランによる交通事故も決して少ないとは言えないのです。そう考えると金融機関からの借り入れも、ベテランほどマンネリ感には注意しなければなりません。マンネリ感は油断を生じさせますので、借り入れの際にはベテランも最低限の緊張感は必要だということです。その緊張感こそが、金融事故を未然に防いでくれるのではないでしょうか。車の運転もキャッシングの借り入れも、安全第一です。今日も無事故、明日も無事故で末永く安全に利用できるよう、ボーッとしたマンネリ感には注意しましょう。

即日審査キャッシング比較